昭和の森(千葉市)の今の天気や花木・生き物など自然の変化をお伝えします。

(本ブログは、昭和の森および関連組織・団体とは関係ありません。)
小型ユンボで水路整備
0

    20181208水路

    今日の昭和の森は曇っています。一瞬日が射すこともありました。風は僅かですが寒いです。

    数日前から水生植物園の園路脇に小型ユンボが放置されています。注意を促すコーンなどは置かれていません。もう片付けられたでしょうか。水路の整備をしていたようです。近くに土砂がすくい上げられていました。

     

    Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 14:25 | comments(0) | -
    今年の案山子は、スポーティー
    0

      20180727案山子

      今日の昭和の森は、早朝は晴れていましたが、曇ってきました。台風の影響でしょう。暗い雲が増えてきたので、雨の降り出しは早いかもしれません。

      今年は気候がいいので稲の生育が早いようです。湿性植物園の田んぼに案山子が立ちました。スポーティーないでたちです。

       

      Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 10:00 | comments(0) | -
      花菖蒲は、そろそろ終わり
      0

         

        今日の昭和の森は曇っています。湿度が高いです。弱い風が吹いています。

        6月も早中旬、もう少しで夏です。花菖蒲は終わりかけています。睡蓮は、まだまだ咲いていますが、午前中がいいです。

         

         

        Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 11:12 | comments(0) | -
        ホタル観察時は、水路転落にご注意
        0

          20180607柵

          今日の昭和の森は雨上がり、晴れてきました。朝方は涼しかったのですが、陽が射すにつれて蒸し暑くなってきました。平年並みの梅雨入りのようです。

          さて、昭和の森でのホタル観察も、はや終盤。今年は花木だけでなくホタルも出足が早かったようです。ホタルが飛び交う湿性植物園周辺は水路が多くあります。このあたりは夜は真っ暗でホタルの光が良く見えるのはいいのですが、水路に気付かない人もいるようです。誤って落ちると怪我をするので、ご覧のようにコーンやトラテープの柵が臨時設置されています。それでも体重がかかると動くので、くれぐれもご注意ください。

           

           

          Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 12:06 | comments(0) | -
          春の小川と呼びたい
          0

            20171223小川

            今日の昭和の森は、薄曇りでした。朝は寒かったのですが、暖かい午後でした。

            春の小川と呼びたいのですが、湿性植物園脇の水路です。立春を過ぎ、暖かさと寒さを繰り返しながら、春がやって来ます。残念ながら杉花粉も。

             

            Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 15:39 | comments(0) | -
            氷の模様
            0

              20180127氷

              今日の昭和の森は快晴です。風が吹く寒い日です。自然界は冷たいですが、人の心は暖かでいたいですね。

              湿性植物園の水溜りの氷です。氷の模様は様々です。ここは場所柄、水溜りが多いので色々な氷模様を楽しむことができます。両側が山なので、風が弱く日溜りは暖かです。

               

              Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 09:20 | comments(0) | -
              青空の下、氷張る師走
              0

                20171229氷

                今日の昭和の森は快晴です。寒くて乾燥しています。風は少し。日本海側が天気が悪い時は、関東地方はカラカラの晴天です。風のない時の日向はポカポカで北国の方々には悪いような気もします。

                湿性植物園は、氷が張ることが多くなりました。陽を受けてキラキラ輝いています。この時期、湿地の上で餌を探す小鳥も増えてきました。遠い北国からやってきたのでしょう。生きるためとは言え、ご苦労様。

                 

                Posted by : 昭和のおじ | 谷津田 | 13:32 | comments(0) | -
                TOP